探偵事務所調査を依頼し、なにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。

相手がおかしいと思った時、とにかく自分で証拠を集めようとします。

でも、浮気の証拠を自分だけで入手しようと思っても、相手に見つかるという事もなきにしもあらずです。はっきり言ってその理由は、あなたの顔が相手に認識されているのからです。
実際、もう離婚になってもいい、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。しかし、単独で行くのは、揉める元なので、避けるのが賢明です。あなたが信頼する人と一緒に行けば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。
あなたが信頼できる方がいない場合、探偵に依頼するという方法があります。

自分でいろいろするよりは、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。探偵にお願いすると、浮気の証拠を確実につかむことができます。
自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。しかし、相手を責めたてても浮気の事実はないと逃げられたら、有利な条件での離婚はできないでしょう。
そのためには、絶対確実な証拠が必要です。


探偵には悪いところがなくても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって浮気調査が困難になり、失敗してしまう場合もあるでしょう。



浮気調査を探偵に依頼しても、100%成功することはあり得ないのです。

充分な調査が出来なかったときの費用についても、依頼をする時に決めておくことが大事だと言えます。

例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかむことが可能です。


なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に当たり前のように使われるからです。近年、メールやラインで連絡を取ることが多くなりましたが、好意を持つ相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。ふとした時に電話している可能性は否定できないのです。浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。


それは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。


不倫相手の存在が確かになれば次にすべきことは、浮気相手の特定です。お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確認するのです。
浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。

こっそりとカーナビにある履歴を見て、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられるのです。履歴があまり見たことない場所であった場合注意する必要があります。それに加えて、よくもしもガソリンが入れられていたら、車を用いてデートされている可能性はゼロではありません。



不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいのケースもあります。



離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、金額は少なくなってしまいます。それに、不倫した相手が浮気を認めない際は必要なのは証拠です。


第三者からみても明白な浮気の証拠がなくてはいけません。

立ち寄る場所がわかる機械を利用して、毎週のように行っている所を検索して、見張っていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、浮気の証拠をつかむことができると思われます。懐具合が心もとないときには、GPSで調べるだけでも、方法の一つです。

GPS装置がつけられていることが発覚することがあります。


尾行について時間による代金設定がされている場合、尾行時間が短い探偵の方が、安い料金で行うことができます。


よって、探偵に尾行依頼をするなら、相手の日々の行動を調べ上げることが重要です。



その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をしてもらうと、探偵側も余計な手間がかからず、双方にとって利益があります。